記事一覧

ブランパン フィフティ ファゾムス バチスカーフ グレード23 チタン 金属の専門家をも唸らせるダイバーズウォッチ

同系色のチタンを纏い、元祖万能ダイバーズを次の次元へ昇華させた意欲作。

先に断っておくが、次に述べることは私の偏見だ。私はブランパンに不甲斐なさを強く感じている。1980年代後半におきた機械式時計産業復興への貢献に対し、十分な評価を得ているとは思えないからだ。

私は最近、HODINKEE Pre-Ownedで2000年代初期のレマン ウルトラスリムを購入し、その確信を新たにした。4ヵ月経った今でもこの新しい時計に夢中だが、正直言って、レマンが私のコレクションに入る最初のブランパンになるとは思ってもみなかった。なぜなら、多くのコレクターと同様、私がブランパンから最も強烈に連想するのは、ダイバーズウォッチであるフィフティ ファゾムスだったからだ。

30年前なら、この発言はクレイジーだと思われたことだろう。1992年当時の時計コレクターは、フィフティ ファゾムスのヴィンテージモデルしか知らなかったのだ。1950から60年代の全盛期を経て1970年代のある時期に生産終了したフィフティ ファゾムスが、長い沈黙を破りブランパンのカタログの定番として復活したのは、2007年と最近のことだからだ。

1953年に発表されたオリジナルのフィフティ ファゾムスのデザインと技術的基盤は、現在プロフェッショナルダイビングに適した時計を規定するISO 6425規格の基礎を築いたが、フィフティ ファゾムス コレクション自体は数十年間ほとんど休眠状態にあった。しかし、2007年以降、ブランパンは失われた時間を取り戻してきた。現在のフィフティ ファゾムス ウォッチのセレクションは、その歴史のなかで最も多様で入手しやすいものとなっている。

私はそれでいいと思っている。そして、フィフティ ファゾムスは、ダイバーズウォッチというカテゴリーを私が理解する上で、常にひとつの到達点を示してきた(つまり、ミルサブに熱狂するコレクターとは対照的に、私はモイスチャー・インジケーターについて語る人間なのだ)。

しかし、新しいフィフティ ファゾムスのカッコよさを理解するには、しばらくの時間を要した。このモデルは、忘れ去られたバチスカーフの正確な復刻版ではなく、フィフティ ファゾムスファミリーのサブラインであり、もちろんHODINKEEチームとのコラボレーションモデルでもない。しかし、このモデルはすでに順調な航海を続けているフィフティ ファゾムスが、さらなる高みを目指すための軌道を修正しているかのように思えた。


【関連記事】:ファッションに関する話題

コメント一覧

スーパーコピー口コミ URL 2022年03月30日(水)18時08分 編集・削除

弊社は楽しくお買い物いただけるよう、心を込めて最高なスーパーコピー品をご提供しております!

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー