記事一覧

私はモダンGMTマスター IIのファンだ。

2年前から所有していて、普段使いの時計として使っている。生コンクリートを使って作業するとき以外は、常に手首につけている。正直、この時計をあまり大切にしていない。なぜか? それは、そのように使う時計として出会ったからだ。現代の誇大広告に踊らされるのではなく、限界に挑戦する人たちの腕にあるのを観察するなかでこの時計に出会ったのである。Topkopi Magazine Vol.9で執筆した『ロレックス スーパーコピー GMTマスター IIにとって最悪なのは、金庫に入れっぱなしにすることだ』(The Worst Thing You Can Do To A Rolex GMT-Master II Is Put It In A Safe)という記事のなかで、GMTマスター IIに対する私の見解を述べている。

2022年 新作モデル ロレックス GMTマスター Ⅱ スーパーコピー 24時間回転ベゼル

モデルケース:オイスター、40 mm、オイスタースチール

直径:40 mm

素材:オイスタースチール

ムーブメント:パーペチュアル、機械式、自動巻、GMT機能

ブレスレット:オイスター(3 列リンク)

ブレスレット素材:オイスタースチール

ダイアル:ブラック

詳細:クロマライト ディスプレイ (青色発光の長

時間継続ルミネッセンス)

オイスタースチールのオイスター パーペチュアル GMTマスター Ⅱはオイスターブレスレットを備える。

GMTマスターとGMTマスター IIの赤と青のベゼルは、冒険を意味し、科学、探検、航空と結びついていた。チャック・イェーガーのほかにも、ベルX-1に搭乗した実験的テストパイロットのスコット・クロスフィールドが着用していた。アポロ14号では、エドガー・ミッチェル宇宙飛行士が着用。ジェミニ7号、ジェミニ12号、アポロ8号、アポロ13号に搭乗したジム・ラヴェル宇宙飛行士も着用していた。90年代のシャトルミッションでは、ロイド・ブレイン・ハモンドとリロイ・チャオの両宇宙飛行士の腕にあった。ベトナム戦争では、回転翼機と固定翼機のパイロットがこの時計を身につけていた。メキシコの元大統領ホセ・ロペス・ポルティーヨは、ジミー・カーター大統領やロナルド・レーガン大統領との会談でこの時計を身につけていた。

しかし、GMTマスター IIが400万円近い価格で売られているこの世界では、金庫に閉じ込め、冒険のために作られたのにも関わらずその機会を奪ってしまいたい誘惑に駆られるのだ。これは時計学上の悲劇だと思う。この時計が持つ倫理観の軟化と、誇大宣伝された投機市場における天文学的な価格の上昇に寄与しているのだ。

そんな心構えで、腕にはめた新しいGMTをひと目見て、すぐに外にいる自分を想像した。グリーンとブラックは、冒険的な感じがする。カジュアル。真面目すぎない感じだ。スーツにネクタイ、あるいはパーテーションだらけのオフィスでは使いたくない、という感じ。私もそうだ。


【関連記事】:「スーパーコピー」って何?

コメント一覧

ヴァンクリーフ 偽物 URL 2022年04月09日(土)11時31分 編集・削除

ヴァン クリーフ&アーペルは、自然やクチュール、バレエなどの芸術文化に触発されながら、美と調和が形づくる時を超えた世界へいざないます。

プチ CD ピアス URL 2022年04月14日(木)12時54分 編集・削除

定番のパール ピアス&イヤリングからアイコニックなピアスまで様々なデザインをご覧いただけます。