記事一覧

歩幅な変動、ヨットマスター白文字盤16628

中古腕時計の値動きといえば、『今年2月頃までガバッと上昇⇒下落⇒1月水準並に落ち着く』といったように、このところ乱高下気味という印象です。

ただ、値下がりとはいえ、多くのモデルは“今年1月並”といったところであるため、1年前、すなわち2021年7月水準と比べると“だいぶ高値”という状態が珍しくありません。

例えば、パテックフィリップアクアノートの5167/1A-001は、2021年7月水準が625万円だったのに対し、現在水準は878万円。この1年という単位では、約140%といった変動になっているのです。

この5167/1A-001は、今年2月に約1272万円という水準にまで達していたため、現在の878万円という水準は、それと比べると約394万円もの下落状態。残価率は68%程度となります。

アクアノートやノーチラスは、このところ特に60%台という残価率が目立ち、ロレックス人気モデルよりも値下がり幅が大きいという傾向があるわけです。

しかし、それでも1年前水準と比べると、140%程度の伸びとなっているわけですから、やはり「この1年間」という単位でみると、実は値上がり傾向となります。

さて、こういったことを踏まえて、ヨットマスターの16628を見ていただきたいのですが、この時計、なんと1年前から現在までにかけて約111%の伸びという状態。

さらにすごいのは、『今年になってから上昇⇒下落』という様子がなく、他のスポーツロレックスとは一線を画す値動きであるのです。

ロレックス ヨットマスター スーパーコピー16628 ホワイト

型番 16628
商品名 ヨットマスター
文字盤 ホワイト
材質 YG
ムーブメント 自動巻
タイプ メンズ
サイズ 39
付属品 ギャランティ(国際保証書)、純正箱 内箱、外箱
商品番号 rx0227

この16628は、以前から『K18スポーツモデルとしてはお得感がある』といった存在でしたが、それでも2021年にはそれなりに上昇していました。

それが、2021年⇒2022年では、33万円の上昇にとどまっているわけで、先程のように111%程といった歩幅な変動にとどまっているわけです。

アクアノートの例からもわかるように、『ガバッと上昇⇒下落』となったとしても、1年前水準と比べると140%台といった値動きは珍しくありません。

しかしながら、この16628白文字盤は、1年前から約111%といった変化であるわけで、“K18”の“スポーツロレックス”と要素からすると、驚くほど変化していないといえます。

【関連記事】:スーパーコピー 優良サイト ランキング

コメント一覧